CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
4月8日 みなとみらいを眺めながら(グランドオリエンタルみなとみらい)

本日の会場は6階です。3面がガラス張りとなっていて、正面が海、

左にコスモワールド、右に赤レンガ倉庫などを見渡せます。

 

 

司会の場所が正面左側。始まる前も、始まってからも、良い場所で気持ち良いです。

 

 

新郎新婦ともにスポーツをされてきた方で、いまでは一緒に⛳ゴルフを楽しんでます。

ご両家お父様と4人でプレーすることもあるそうです。

 

披露宴のゲストは体育会出身の皆様が多く、賑やか!ただ賑やかでなく

プログラムにはきちんとご注目いただけて、各卓写真もスピーディー。16卓を12分でできました。

 

デザートにあたりプレートのある方に、サプライズインタビュー。突然にもかかわらず、楽しいお話をいただけました。

 

すっと笑顔だった新郎がご両親への記念品贈呈では感極まる場面もあり、華やかにお開きとなりました。

 

 

エンドロールのBGMは、マイケルジャクソン。手拍子がおきました。

次第に大きくなる手拍子。素敵なシーンになりました。

 

 

2次会も盛り上がりそう!

 

| - | 13:12 | comments(0) | - | pookmark |
4月1日 高校時代から (八王子ホテルニューグランド)

高校2年生のときにクラスが一緒。2学期から急接近。

年明けに初詣に出かけてお付き合いが始まりました。

 

高校を卒業したときから将来を考え始め

 

5年の節目にご結婚です。

 

ワンピースが大好きなお2人です。

 

 

ステンドグラスとテーブル代わりの段ボールだけの部屋で始めたお2人の生活。

時を経て今日、皆様から祝福されて未来へ向かって出発します。

 おめでとう❗お2人の幸せを願って司会をしてきました。

| - | 22:07 | comments(0) | - | pookmark |
3月31日 ホームページ デザインを少し変えてみました。

 PC版 スマホ版 ともにホームページのデザインを変えてみました。

今までよりもシンプルに見やすくなったと思います。

| - | 10:17 | comments(0) | - | pookmark |
ゼクシイ結婚トレンド調査データより

ゼクシイ結婚トレンド調査2017データが発表されました。

結婚式や披露宴を行なったカップルへのアンケートをもとに集計された貴重なものです。

 

全体の傾向として、挙式、披露宴の演出としては

「退屈させない」「感動させる」「自分らしさを表現する」などが減少し、押し付けのない時間を招待客と共有したい気持ちに変化しつつある、という傾向にある。 と記されています。

 

様々なデータがありますが、以前の私のエッセイで残したデータがありましたので比較をしてみると

 

披露宴で実施した演出(首都圏  複数回答) データは一部

                                   2015年        2017年

生い立ち紹介の映像   75.8%      75.9%

ファーストバイト    75.6%      73.6%

花嫁の手紙       73.2%      73.6%

テーブルごとの写真撮影 64.7%      66.2%

親に花束を贈呈     63.0%      63.6%

親に花束以外のものを贈呈58.8%      58.2%

 

キャンドルサービス   19.4%      12.7%

新郎と招待客から新婦へサプライズ 8.7%  12.0%

新婦と招待客から新郎へサプライズ 4.2%   6.6%

花婿からの手紙      5.9%       6.6%

鏡開き          4.3%       6.8%

 

という結果になっています。テーブルごとの写真撮影が増えています。その反面、キャンドルサービスが減っています。しかも驚くほど減っていると思います。サプライズ企画は増えています。新郎のお手紙も増えています。鏡開きも増加しています。

 

私自身が司会をする披露宴でもこの傾向はあると感じています。会場側の演出よりも、楽しい時間を共有したい、という思いが強いという感じを受けています。

 

そういえば「オリジナルウエディング」という言葉をあまり聞かなくなりました。以前はいかに人と違うおもてなしをするか、ということへのこだわりが強かったような気がしています。いまはオリジナリティよりもいかに感謝を伝えるおもてなしをするかということに重きが置かれているのでしょう。

 

データを追うだけでもとても楽しいです。

 

余談ですが。。。今年一度だけキャンドルサービスのある披露宴を担当しましたが、新郎新婦がテーブルのキャンドルに点火すると拍手が起き、、、ないのです。理由はテーブルを囲むゲスト全員がスマホで撮影していたから。キャンドル点火と同時に拍手がないと寂しいので、その時は拍手を促すコメントを入れました。(拍手を促すのはあまり好みではないのですが)キャンドルサービスが減っているのはこんなこともあるからかも?

 

| - | 18:02 | comments(0) | - | pookmark |
祝電に関して

 先日は、ご両家ともご親族の皆様にお越しいただいたご披露宴でした。

ご新郎は埼玉県のご出身で、関東にお住いの皆様がほとんどです。

ご新婦は山口県のご出身で、ご両親をはじめほとんどが山口県からのお客様でした。

遠方のため、当日は来られないお客様もいらっしゃいました。

 

 

 当日はご祝電が多数届きました。

そのほとんどがご遠方のご新婦側の皆様からです。

 

ご祝電の確認は当日しかできません。

でもご新婦様は挙式と披露宴の間は慌ただしくて、ほとんど確認のお時間が取れません。

ご新郎様は多少お時間がありますが、ご新婦様側のご祝電の確認を、といっても無理な話です。

 

 

 以前に入らせていただいた会場で、祝電が誰から届いたかをリストに転記するのも

司会の仕事という会場がありました。(今ではフロントの方の業務になっていますが)

昔は今よりも祝電の数が多かったので、ただでさえ慌ただしい披露宴前に正直「いやだなあ、」

と思ったこともありました。

 

 そのことを思い出し、祝電リストを作って、ご新婦様のご両親にお渡しして

お名前の読みがな、どの順番で読むか、を確認していただきました。

ご披露宴が始まってから、ご両親からフリガナと順番のご指示をいただき大いに助かりました。

 

そして「このリストいただいて良いですか?」とご両親がおっしゃいましたので、

お渡ししました。ご両親からできるだけ早くお礼のお気持ちを伝えたかったからだと思います。

 

原則、祝電本体は新郎新婦にお渡しするもので、会場内でご両親にはお渡しできません。

遠方のご両親の場合に

披露宴の後日「祝電は誰と誰から届いてたっけ?」と新郎新婦とご両親とのやりとりを

するのもなんだかなあ、と思います。

 

1枚リストを作るだけで司会もご新郎ご新婦もご遠方のご両親も楽になれるんだ、とあらためて感じました。 

昔いやだなあ、と思ったリスト作りが今回はお役に立てたのかも、と思った次第です。

そして昔いやだなあ、と思ったことは、どこかで役に立つのだな、とも感じました。

| - | 19:00 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/14PAGES | >>