CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 祝電に関して | main | 3月31日 ホームページ デザインを少し変えてみました。 >>
ゼクシイ結婚トレンド調査データより

ゼクシイ結婚トレンド調査2017データが発表されました。

結婚式や披露宴を行なったカップルへのアンケートをもとに集計された貴重なものです。

 

全体の傾向として、挙式、披露宴の演出としては

「退屈させない」「感動させる」「自分らしさを表現する」などが減少し、押し付けのない時間を招待客と共有したい気持ちに変化しつつある、という傾向にある。 と記されています。

 

様々なデータがありますが、以前の私のエッセイで残したデータがありましたので比較をしてみると

 

披露宴で実施した演出(首都圏  複数回答) データは一部

                                   2015年        2017年

生い立ち紹介の映像   75.8%      75.9%

ファーストバイト    75.6%      73.6%

花嫁の手紙       73.2%      73.6%

テーブルごとの写真撮影 64.7%      66.2%

親に花束を贈呈     63.0%      63.6%

親に花束以外のものを贈呈58.8%      58.2%

 

キャンドルサービス   19.4%      12.7%

新郎と招待客から新婦へサプライズ 8.7%  12.0%

新婦と招待客から新郎へサプライズ 4.2%   6.6%

花婿からの手紙      5.9%       6.6%

鏡開き          4.3%       6.8%

 

という結果になっています。テーブルごとの写真撮影が増えています。その反面、キャンドルサービスが減っています。しかも驚くほど減っていると思います。サプライズ企画は増えています。新郎のお手紙も増えています。鏡開きも増加しています。

 

私自身が司会をする披露宴でもこの傾向はあると感じています。会場側の演出よりも、楽しい時間を共有したい、という思いが強いという感じを受けています。

 

そういえば「オリジナルウエディング」という言葉をあまり聞かなくなりました。以前はいかに人と違うおもてなしをするか、ということへのこだわりが強かったような気がしています。いまはオリジナリティよりもいかに感謝を伝えるおもてなしをするかということに重きが置かれているのでしょう。

 

データを追うだけでもとても楽しいです。

 

余談ですが。。。今年一度だけキャンドルサービスのある披露宴を担当しましたが、新郎新婦がテーブルのキャンドルに点火すると拍手が起き、、、ないのです。理由はテーブルを囲むゲスト全員がスマホで撮影していたから。キャンドル点火と同時に拍手がないと寂しいので、その時は拍手を促すコメントを入れました。(拍手を促すのはあまり好みではないのですが)キャンドルサービスが減っているのはこんなこともあるからかも?

 

| - | 18:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする