CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
BMCA 勉強会 <東京ビッグサイト> 6月20日(火)

 6月20日(火)に行なわれましたBMCA<Bridal MC Alliance>に参加してきました。

今回で12回目を迎える、日本各地の司会者が集まるBIGな勉強会です。

 

 

 

 講演、ビジネス紹介 、グループディスカッション、懇親会と続きました。

 

 

 

 

 

 

 

いちばんのポイントは日本全国の司会者が集まること。ふだんは会うことのない地域の特徴を知る良い機会です。

沖縄からもいらしていました。この熱い気持ちが大事なのだなとあらためて実感。

 

 BMCAの恋塚会長からはブライダル人類学・海外編と題して、主にヨーロッパやアメリカの

婚礼文化について。会長は海外に行くと、結婚式を見つけては撮影してくるそう。

ポイントは「堂々とすること」だそうです。貴重な写真ありがとうございます。

様々なレポートも執筆されています。

 

 

 ビジネス紹介は、引き出物の宅配ビジネスについて。持ち込みの引き出物でも宅配をしていただけます。 

 

 お昼を挟んで

 

 

午後の講演はマリエスプランニングの鈴木麻理さんから

「司会者のあるべきふるまい」について。

座学だけではなく身体を動かしながら、楽しくためになる講義でした。

名刺の渡し方、お辞儀の仕方などふだん行っていることをあらためて振り返る良い機会でした。

鈴木さんとは以前からこのBMCAでよくお話していますので、楽しみにしていました。

関西弁のテンポ良いノリで、あっという間のお時間です。

 

 

 

 

 

 その後はグループディスカッション。80名を9つのグループに分けてテーマごとに話し合います。

TOBBYのいたチームは関東、名古屋、沖縄の混合で、

「歓談に入る前にどんなコメントを入れるか」

「司会者として持ってもっておくべきもの」

について意見が出されました。少し地味なテーマではありましたが、

活発な意見が出されました。

歓談に入る前といっても、乾杯後、余興中などいくつかな場面がありますから

どれが良いのかというよりは、どんなことを言っているかを確認しあう感じでした。

乾杯後は食事を進めるトーク、新郎新婦のコンセプト、手作りグッズなど。

新郎新婦のプロフィール紹介をここで入れる司会者さんもいました。

<これは会場によって異なるようですが>

司会者の自己紹介をどこで入れるかも、司会者によって全く違います。

TOBBYは新郎新婦入場前にしますが、そうでない方が多かったです。

新郎新婦の手作りアイテムについても、前半に言わず後半にとっておく、という方もいました。

テーブルフォトが最近は多いので、着席を促すコメントを皆さん工夫されていらっしゃいました。

 

ほかのテーブルで<失敗談>がテーマになっていたグループは特に盛り上がり、

発表の際にもエキサイティング!やはり失敗談は盛り上がります。

失敗をカバーできるのは新郎新婦との信頼関係。これが大事という意見でした。

 

 

 

「司会者としてもっておくべきもの」

ペンライト、ブラシ、靴みがき、ポストイット、ペン、ルーペ。女性司会者さんはメガネをつけるのはどうなのか?

という質問が出ました。またほかのグループの方はアクセサリーは2つ持っていくという方もいました。

<落とした時のことを考えて>また、ペンについては安っぽいものはNGという意見も出ました。

 

 

全員撮影の後は懇親会です。賑やかに楽しく新たな出会いの場にもなりました。

ふだん司会はひとりで動いていることが多いですから、こういう集まりではお互いに

ふだんの悩みやストレスを発散できますので貴重な会です。

 

 

 

 

来年はどんなテーマが待っているのでしょう?いまからとても楽しみです。

 

| - | 10:39 | comments(0) | - | pookmark |
5月3日 ご姉妹の披露宴司会を担当出来て嬉しいです (東京大神宮マツヤサロン) 


 2年前に司会を担当したご新婦の妹さんから司会のご依頼をいただきました。

結婚式場も同じです。ご姉妹揃って同じ式場で、というのも嬉しいですね。

司会だけでなく、式場の印象がとても良かった、ということですから。

 

 

東京大神宮で挙式後、美容室でお仕度。そして美容室フロアのロビーではゲストとの写真タイムです。

お2人の幸せそうな笑顔が弾けます。

 

ブライズルームはありません。その分、披露宴前からご歓談いただけるのはとても素晴らしいことです。

迎賓を行なって、白無垢から色打掛けに掛け直しをして入場です。

最近は迎賓を行なう披露宴も少ないですが、

エレベーターを降りると新郎新婦が笑顔で迎えてくれたらゲストの立場に立つと嬉しいですよね。

 

乾杯後にはご歓談。カーテンオープンして東京大神宮を見ながら和装での歓談時間をしっかり取るのがここの特徴です。

祝辞もこの時間にいただきました。新緑に映えるお2人の笑顔が素敵です。

 

中座中には自作のプロフィールムービーを上映します。

前方にはスクリーンがありますが、後方のご両家ご両親のすぐ近くにモニター画面が用意されています。

思い出のアルバムをいちばん楽しみたいのがご家族だと思いますので、会場側の配慮も嬉しいですね。

 

ウエディングドレスにお召し替えをして入場です。ブーケは新婦お母様がご自身の結婚式でお持ちになったものを

この日まで大切に保管されていたものです。お母様からお姉様、そして妹さんへと受けつがれる幸せです。

 

東京大神宮のおみくじを配り、ご友人からのスピーチやピアノ演奏をいただきながら後半のお時間を過ごします。

ちょうど私が司会をしたお姉様ご夫婦が高砂にいらしたので、1枚撮らせていただきました。

 

ご姉妹の司会をすることができて本当に嬉しかったです。

弟さんもいらっしゃいますね。お待ちしております!

 

ウエディングドレスでのお時間がやや短めかもしれませんが、お開き後に1階のロビーで

スナップカメラマンさんによるお写真タイムがありますので、お色直し後のお写真もたくさん撮れます!

 

皆様楽しそうにお写真撮影が続きました。

| - | 07:06 | comments(0) | - | pookmark |
ごきょうだいの司会

 2年前ご披露宴の司会をしたご新婦様の妹さんから

司会のご依頼がありました。昨日お会いして打ち合わせもしてきました。

式場も同じです。

 

 

ご本人をはじめご家族からもご好評だったようで司会のみならず

式場の印象が良かったからですね。本当に嬉しいことです。

 

当日はお姉さまがウエルカムドールを作ってくださいます。

 

いまから当日が楽しみです。ご新郎側の皆様は初めましてですが

ご新婦側の皆様に「はじめまして!」とご挨拶しないようにしないと!

| - | 19:22 | comments(2) | - | pookmark |
ご親族紹介に新郎新婦同席するかどうか

 結婚式当日、新郎側親族控室と新婦側親族控室が用意されています。

通常はここに、お仕度を整えた新郎新婦が入り、ご歓談のお時間をとり

その後、ご両家の皆様がお顔を合わせてご親族紹介が行なわれます。

 

 挙式・披露宴が始まってしまうと、親族であっても、なかなか新郎新婦と

ゆっくりお話できなくなりますので、ご親族の皆様にとっては貴重なお時間です。

 ホテルや専門式場ではこのお時間を確保しているところが多いです。

 

 それに対し、ハウスウエディングや新しいホテル等では、ご親族紹介はあるけれども

新郎新婦が同席しないプログラムとなっているところもあります。

 ご親族紹介のお時間を使って新郎新婦は写真撮影をしたり、また花嫁さん同士がバッタリ出くわすことが

ないように会場側からの配慮でこのような進行になっています。

 

 

 

 よく確認しておかないと、せっかく遠方から来ていただいたご親族とほとんどお話しできないまま

挙式ご披露宴と進み、ご披露宴おひらきとなってしまうこともあります。

2次会も予定され、急がなきゃ!とお見送り後すぐ会場を移動すると

気が付けば、あれ?おじさんおばさんとほとんどお話しできなかった。。。というのはあまりにも残念ですので、

特にご親族の多い新郎新婦におかれましては、

会場に確認が必要です。前もってお伝えしておけば、ご親族紹介に新郎新婦が同席しない会場でも

同席できるようプログラムにしていただけると思います。

 

 たいていの親御様は、親族紹介に新郎新婦は同席するもの、と思っていらっしゃいますので、

当日になって<え?そうなの?>ということがないように事前に確認することをお勧めします。

 

 新郎新婦がご親族紹介に同席するかしないか、決してどちらが良い悪い、ということではありません。

ご両家のご親族のご出席人数や状況によってご確認くださいね。

新郎新婦にとってこだわりがあまり無いお時間でも、親御様にとっては大切なお時間という場合もあります。

 

 もしもご親族紹介に新郎新婦が同席せず、でも親族も多いんです、、、という場合は

ご披露宴のご歓談時間にTOBBYが積極的にご親族席にお声がけして、高砂で新郎新婦と写真を撮っていただくようにお勧めしますよ。

 

 披露宴の司会時間以外のことでも、ご相談に乗りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

| - | 17:09 | comments(0) | - | pookmark |
笑顔と気遣いのおもてなし バンコクに学ぶ

 タイのバンコクへ行ってきました。

バンコクへは3度目の渡航です。いつもバンコクでは人々の笑顔に癒されるのですが

今回は特に強く感じることがありました。

 

 今回は変則的な乗り継ぎで、マレーシア クアラルンプールに朝着 → 当日夜発 タイ バンコク深夜着

という行程でした。荷物はマレーシアでピックアップの必要なく、

直接バンコクまでも運んでもらえるということで、

マレーシアでは軽装で滞在を楽しみ、そのままバンコクへ降り立ちました。

 

 するとバンコクで荷物が無い!重要なものは手荷物として持っていたので事なきを得ましたが、

衣服等の入ったスーツケースが無いのはやはり困ります。

 空港で荷物が運ばれてない旨を伝え、届いたら滞在しているホテルへ届けてもらえるよう手配しました。

こちらもできる限り、可能性のあるところに問い合わせを続けました。ただ土日と重なっていたこともあり、

荷物が取り残されてる可能性が高そうなクアラルンプールに問い合わせても誰も電話に出ず、困るばかり。

 

 

 

 滞在したバンコクのホテルはとてもフレンドリーな対応で、ロストバゲージの件を伝えると、

すべてのスタッフが情報を共有して対応してくれました。

中でも親身になってくれた女性スタッフのJC。

自分のスマホから、しかも国際電話をかけてまで荷物の件を聞いてくれたり、友人に聞いてくれたり。

とても心配してくれ、何度もメッセージを送ってくれました。

もしもあなたたちが日本に帰った後にホテルに荷物が届いたら日本に送る手配もする、という気遣いでした。

ただでさえ忙しい土日の本来の業務もこなしながら、本来の業務外のことで残業までして私たちの心配をしてくれました。

 

 もう完全にロストかな、と半ばあきらめ、

でもこれだけの対応をしてくれるホテルに感謝をしながら最終日の朝を迎えました。

 

 

 

 するとメッセージが。荷物が届いた、と。帰国する日の朝、AM 2時15分にホテルに届いたようです。

ホテルのスタッフやバンコクの空港すべての皆様の協力により、何とか帰国する前に手元に戻ってきました。

荷物が届いたことのお礼をJCに伝えると、自分の事のように喜んでくれました。

 

 

 

 届いた荷物を見ると、タグが外れていました。どこかのタイミングで取れてしまったのでしょう。

こうなってしまうと、空港の人もどうして良いかわからないでしょう。

はっきりとした原因はわかりませんが、こういうことはいつでも起こり得るということです。

また土日と重なると対応が遅くなることもあると感じました。

 

確かに自分たちも乗り継ぎをするなら、もっと念入りに確認するとか、

いったんクアラルンプールで荷物をピックアップするなど考えなければいけませんでした。

 

 

 

 救いとなったのは、ホテルスタッフの優しい笑顔のおもてなしです。ホテルのフロント、ドアマン。

バンコクの空港でご対応いただいたスタッフ、

そして日本国内で店番をしながら航空会社と連絡を取り合ってもらったMちゃん。

とっても感謝しています。

今回のバンコクの旅でお世話になったすべての皆様にありがとうの気持ちを伝えたいです。

 

 お客様へのサービスとは何か?あらためて自分に問い直した旅でもありました。自分もホテルに入って仕事をする身分です。

最近は司会者の担当することも多岐にわたり、「こんなことまで司会がやるの?」と不満に思うことも正直ありました。

ただ、今回の旅を経験して、そんなことは思ってはいけないですね。

結婚式・披露宴を迎える新郎新婦やお祝いするゲストすべての皆様に「幸せな日」をお過ごしいただけるよう

心を込めてご案内していこうと思います。

 

バンコクのホテルから素敵なおもてなしの気持ちを学びました。

| - | 15:53 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/14PAGES | >>